bigbanner

Unity マルチプレイオンラインゲーム開発

Unityオンラインゲーム作成【Chapter3】ゲームシーン作成

更新日:

ゲームシーンはログイン画面後に入るシーンです。

このChapterではログインしたキャラクターが歩き回れる足場であるフィールドを作成します。

フィールドの作成

プレイヤーが歩きまわるためにはフィールドが必要になります。

Unityには沢山の3DオブジェクトのAssetが無料で利用できたりするので、初心者でも比較的簡単にデザインが優れたフィールドをゲームに導入することができます。

今回の講座ではキャラクター間で遊ぶ最低限のフィールドを作成するので以下のようなPlaneオブジェクトで超シンプルな足場を作成します。

Planeオブジェクト

Planeオブジェクトは薄い四角形のオブジェクトです。

Planeは以下のinspectorビューの設定にしてみましょう。

Cubeオブジェクト

Cubeオブジェクトは立方体の形のオブジェクトです。

Cubeは以下のinspectorビューの設定にしてみましょう。

rigidbodyコンポーネント

rigidbodyはオブジェクトの動作を Unity の物理エンジンの管理下に置くためのコンポーネントです。

分かりやすく言えば、重力やその他の力の影響を受ける性質を付与します。

試しに上記2つのオブジェクトを作成した後にPlayボタンで実行してみましょう。

するとPlane上にCubeが落ちて乗った状態になると思います。

これは以下で説明するColliderコンポーネント(PlaneはMesh Collider、CubeはBox Collider)がオブジェクト同士の衝突を実現しているからです。

Collider(コライダー)コンポーネント

Colliderコンポーネントは物理衝突のためのオブジェクト形状を定義するためのコンポーネントで、オブジェクト同士の衝突検出を実現してくれます。

衝突し合おうとするオブジェクトの両方にColliderコンポーネントが無ければオブジェクトはすり抜け合ってしまいますが、Colliderコンポーネントを付けることでオブジェクト同士がぶつかり合うようになります。

また、Colliderコンポーネントは指定したオブジェクトと衝突した瞬間、衝突中、衝突中から離れる瞬間にスクリプトで処理を記述することもできます。

オブジェクト同士の衝突や接触についてはQiitaにてyando様が以下の分かりやすい記事でまとめてくださっているので、詳しく知りたい方はご覧ください。

次回予告!

今回はこれでキャラクターが自由に歩き回るための空間が出来ました!

次回は歩き回るキャラクターを作成します!!

お楽しみに!

rectangle_l

rectangle_l

-Unity, マルチプレイオンラインゲーム開発

Copyright© Uniblo-ゆにブロ- , 2017 All Rights Reserved.